スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三輪有子さんと放射能対策7   ~100ベクレルってどんな数字!?~


まずは、「ベクレル」の定義を見てみます。
Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%AB
1 s(秒)間に1つの原子核が崩壊して放射線を
放つ放射能の量が1 Bqである。
例えば、毎秒370 個の原子核が崩壊して
放射線を発している場合、370 Bqとなる。


100ベクレルなら毎秒100個の
放射線が出るわけです。

ちなみに、人間60兆個の細胞で
出来ているといわれています。


1日だと、
100ベクレル×60秒×60分×24時間

864万!!!


1年なら、
864万×365

31億5360万


でも、これは1年に1日だけ
100ベクレル分の場合です。
1年間毎日100ベクレル分
食べてみます。

31億5360万×(1+365)×365÷2

210兆6447億1200万!!!

驚異的な数字です。

1日10ベクレル平均で、そのうち
5%が体に吸収されたとします。


210兆6447億1200万÷10×5%

1兆0532億2356万!!!


でも平均的な成人で60兆個の細胞ですよ。

体の中のこぶしの大きさ分の細胞たちは

DNAが壊れたまま複製されるんです。

これを踏まえて、4月からの基準値を

見てみましょう。


毎日新聞:
4月から施行決定の新基準値
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120224k0000e010163000c.html



新基準値は食品を4区分し、粉ミルクなどの
「乳児用食品」と「牛乳」が1キロあたり
50ベクレル、水道水やペットボトル入りの
お茶などの「飲料水」が同10ベクレル、
それ以外の「一般食品」が同100ベクレルとした。
設定にあたっては、食品からの被ばく限度を現行の
暫定規制値の年間5ミリシーベルトから
1ミリシーベルトに引き下げ、各年代の平均的な
摂取量などから食品区分ごとの基準値を算出した。


これでもまだ放射能に対して平気で

いられるでしょうか!?

政府の言うことに従順に信じて

従っていけるでしょうか!?

冷静に分析して対処したいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 放射能 原子力発電 原発 被災  - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。