スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末の志士たち 吉田松陰

250px-Yoshida_Shoin2.jpg


吉田松陰について、彼がなくなった時に29歳だった事を思うと、改めて驚かされます。

彼が処刑される直前に書いた、遺書とも言える「留魂録」を読むと、目頭が熱くなります。

自分が情けない、何かしなくては、もっと精一杯生きなくては、日本の為に行動しなければ、
と感じます。

是非、一読をお勧めします。


古川薫全訳注『吉田松陰 留魂録』(講談社学術文庫、2002年)
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。