スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能と食品選び1

食品に含まれる放射能を心配するときに、

まずは放射性物質が体に与える影響から

考えたいと思います。


放射線が体に当たるとDNAが破損し、

DNAが破損した細胞は細胞分裂しても

壊れたDNAをコピーするので壊れた

細胞、つまり正常に機能しない細胞に

なってしまうんです。

当然DNAは2組で構成されているから

片方壊れても修復する機能がありますが、

継続的に放射線を浴び続ければ、修復は

追いつかなくなることもあるでしょう。

それがどこまで続くかと言えば、

自分の子供、孫、と代々続いていきます。

いわゆる奇形という形で明確な結果を

たくさん目にすることと思います。

特に食品など、体に入っていくものから

放射性物質を摂取すると、徐々に影響は

減衰していくとはいえ、その細胞を破壊

する活動は数年から一生に渡ります。


よくある最初の症状としては、


・目がしばしばする。
・喉がいがいがする。
・いつもより疲れる。
・しんどい。
・身体がだるい。
・集中力がつづかない。
・鼻水がでる。
・頭痛がする。
・うなじに圧迫感がある。
・やる気が出ない。
・鼻血が出た。


等々。

これが続くと、脱毛などが現れると

思います。


思い起こせば、1ヶ月程前まで、

ビックリするくらい抜け毛がありました。

都内に住んでいるのですが。。。

それだけ都内でも影響が大きいのだと感じます。

毒素を排出できるサプリを定期的に

飲むようにしてしばらくしてからか、

最近抜け毛が減った事に気づきました。


このままいくと、甲状腺の疾患や

白血病、喉頭ガンなど、骨や喉など

放射能の溜まりやすい所に大きな

影響が出てくるのだと思います。


出来る限り放射能を取り入れないよう

避けることと、とってしまった放射性物質を

いち早く体外へ排出する事に力を注ぐ事で、

自分の健康、子孫の健康を守って

いきたいものです。

次回は安全な食品と危ない食品についてです。

スポンサーサイト

テーマ : 放射能 原子力発電 原発 被災  - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

教育勅語 は 軍国主義とは全く関係ない

明治天皇の名で出された、大日本帝国時代の日本の教育の基本方針である。 教育勅語 戦後派、GHQや左翼、反日勢力により、軍国主義の源泉かのようにされ、排斥されてしまいましたが、 日本は、天皇から、一般国民まで、敬愛でむすびついた道義国家であることを述べた、大…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。