スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都内での被曝状況



東京都のマンションで空調フィルターからウラン3,000ベクレル/kg
http://www.tax-hoken.com/news_ad3Oodkrcc.html



ウランだけで3000ベクレル/kg ということは、

他の放射性物質も合わせたら途轍もない数値に

なってしまう。

フィルターにこれだけ蓄積していると言うことは、

人の体に蓄積している量はどれだけあるのか。

もちろん人体のデトックス能力が十分機能していても

脂肪組織や細胞の一部になっていった放射性物質は

少なくない。


たとえば、セシウムは主に筋肉に蓄積する。

心臓は筋肉のかたまりで、セシウムだらけに

なって行く。

毎日元気に生活していて、セシウム137が

日々心臓の細胞を壊し続け、ある日突然

心筋が伸縮しなくなって心臓が動かなくなる

と言うのは、残念ながらよくある話と

なってしまっている。

殆どの都民には全く現実味の無い話だが、

このニュースが少し現実味を与えてくれるだろう。


健康被害が出る前に対策を行うきっかけと

なって欲しい。



スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。