スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能によって免疫力は低下するのか

放射線が水に当たると、活性酸素が出来上がります。
活性酸素について

その活性酸素が細胞に当たると、細胞の電子が

奪われ分子の結合が切れて細胞が壊れていきます。

免疫機能の主役の白血球も、活性酸素で細胞膜が

破られて傷つけば免疫機能を果たさなくなります。

骨髄がたくさん被曝すれば、免疫機能に関わる

細胞を作る組織がダメージを受けて、白血球など

作られなくなることも考えられます。


もちろんこの活性酸素、放射線に当たるだけじゃなく、

空気の汚れ、食品添加物、電子レンジや

IH電磁調理器などの電磁波、そしてなにより

ストレスによっても生み出されます。

そこへ内部被曝による放射線で24時間365日

活性酸素が作られ続けるわけなので、

当然免疫機能が低下する要因は増えたわけです。


免疫力が低下している人は今多いと思われます。

O-157の被害も当然大きくなると考えられます。


食事から抗酸化物質を摂取したり、マイナスイオンの

発生する器具などを活用したりして、出来るだけ

活性酸素を黙らせましょう!!!!1






スポンサーサイト

テーマ : 放射能 原子力発電 原発 被災  - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

白血球の減少 白血球減少の症状と健康被害について

白血球の減少について解説されたサイトです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。