スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最善の処理は埋め立てです!




北九州市の瓦礫


放射能汚染された物質について、

最善の処理は、出来るだけ人の住むところから

離れたところに埋め立てることです。

そして、最悪の処理は焼却処理です。


人口の少ないところからわざわざ多いところへ

運んできて、最悪の処理方法である焼却を

行う選択をしているのが現状です。


反対する市民たちが何を守ろうとしているのかを知り、

警官たちは自分達が何を守ろうとしているのかを知れば

あとは良心に任せるしかないのかもしれません。

復興のために瓦礫の処理が必要だと言うのは同意できます。

自分達のだけでなく、未来の人類の命を燃やすことになる

のですが、燃やす必要がどこにあるのでしょうか?


スポンサーサイト

テーマ : 放射能 原子力発電 原発 被災  - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。