スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内部被曝隠し


放射能に対する危機意識が薄れていく背景には

このような人体実験とも思える活動が無数にあります。

本来回避できる被曝を回避できなくさせられています。

福島県 子どもの放射能 尿検査せず 秘密裏に「困難」結論?

焼却炉のフィルターをくぐり抜ける放射能拡大する管理なき被曝労働(1)


チェルノブイリ原発事故の場合、事故後4~5年

あたりで被曝症状が急増していきました。

日本の場合はまだ2年も経っていません。

油断大敵だと心に留めて生きたいものです。






スポンサーサイト

テーマ : 放射能 原子力発電 原発 被災  - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

精神薬の落とし穴2

自殺した故トニー・スコット監督、遺体から抗うつ剤と睡眠導入剤精神薬を服用することで、気持ちを安定させようとする試みは、世界で数千万人が取り組んでいる。自殺率の視点から ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。