スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『風評被害』被害


風評被害が叫ばれている一方で、

体調を悪くしたり骨折したり眼帯を

する必要があったり喉がいつまでも

痛かったりするように、健康上で

問題を抱えている人が増えてきている

のも事実です。


原発事故後からこの現象が出ているように

見ることも出来るが、本当に因果関係が

あるのかどうか、統計で判断するには

あと数年かかると思います。

チェルノブイリ原発事故の経験を踏まえれば

内部被曝による健康被害は紛れも無く

実害です。原発事故によって大量に放出

された放射性物質による健康被害は

日々増加しています。

『風評被害』だと思ってしまい、本当は

回避できたはずの内部被曝を余計に

被ってしまう人がほとんどだと思います。


これを回避するには、まず真実を知ることが

一番です。

分かりやすい動画があるので、自分自身と

自分の周りの人の健康のために見てください。

1-2 2012年9月5日 広瀬隆講演会「知らされていない原発のこと...」 前半

テーマ : 放射能 原子力発電 原発 被災  - ジャンル : 日記

風評被害ではなく実害です


衝撃の専門書「川魚の放射能はなくならない」


まずは現実に目を向けることが大切です。

スポーツで相手が強敵だから試合で

棄権していては不戦敗です。

どうやって勝つか考える事が

第一歩ではないでしょうか。

『風評被害』と言っていては不戦敗です。

食品で出来る限り被曝しないですむ

解決策が今必要ですね。



テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

脱原発集会6500人

東京、脱原発集会に6500人 大江さんら呼び掛け

継続的に運動していくことが大切ですね。

今後もっと大きな規模に発展していくよう

支援したいと思います。


テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

現場では本当に苦労されています


福島第1原発:事故時の作業員「もうだめじゃんと思った」

現場で作業にあたっている人は、本当に

命をかけています。地震や津波が

襲ってくれば、他の原発でも簡単に

再現されてしまいます。

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

原発事故は幸運なのか?


【放射能漏れ】最悪事態回避は「幸運」 福島第1原発事故で岡田副総理 波紋呼ぶ可能性も
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121007/mca1210070136000-n1.htm

使用済み燃料棒まで臨界にならずに済んだのは

幸運かもしれません。その後の対応を考えると

「幸運」の中で、大量高濃度の汚染水を海へ

撒き散らすような非生存的な対応が目に付きます。




テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。